日々精進時々堕落

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト 2010.10.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
なぜ日本のRPGは子供ばかり戦うのか? 2010.08.22 Sunday
海外ゲーマーの疑問「なんで日本のRPGは子供ばかり戦うの?」

という不毛な話題が上がっていたのであからさまに食いついてみる。リアルとかリアルじゃないとか、子供とかマッチョとか表面的な事じゃなくてシナリオそのものについて書こうかなと。

結論から言っとくと、物語としてのジャンルが違ってるのにゲームのジャンルで比較してるから訳分かんなくなってる。「なんでポテチはお菓子なのに甘くないのか」と言ってるようなもの。本来なら「なんで日本のRPGはジュブナイルで海外のRPGはスワッシュバックラーなの?」と言う質問であるべきだ。まぁこの質問が出てくるならこんな質問しないと思うけど。

日本のRPGはジュブナイル物である
日本のRPGのシナリオは基本的にジュブナイル物だ。現在においては日本のRPGのシナリオはライトノベルに染まってきてる感があるのだが、そうなっていった原点はジュブナイルにある。

ジュブナイルは主に10代が対象と言われ、ジュブナイルを卒業した大人が子供のためを思って書くものとも言われている。物語としては「冒険と成長」の要素を多くが含み、「子供が何かを成し遂げて大人になる」という基本構成を取る。

そういった点から分かりやすさを出すために、子供が感じる社会や大人の理不尽さの代わりとして敵という悪の存在が明確にされていることが多い。SFや中世ヨーロッパ風ファンタジーの形式が多いのも、現代社会の複雑性を排除し、見知らぬ場所へ「冒険」できる世界観としてジュブナイルとしての条件にマッチしているからだ。子供が大人になる話なので、読み手が主人公に共感するために、主人公は表面的には「平凡な子供」(平凡な自分との重ね合わせ)であることが望ましいし、本質的には「特別な存在」(自分は特別な存在という自我の目覚め)であることが必要となってくる。

という訳でジュブナイルの特性がRPGというゲーム的な要素としてマッチしていることも分かる。ではなぜ日本ではRPGにジュブナイルが良く使われて海外はそうじゃないのかというと、これは単に海外に比べて日本でジュブナイルがウケちゃったからと言うしかない。漫画やアニメの文化が原因なのも間違いなくて、少年漫画などでジュブナイルものが流行った結果、大人になってもそのあたりを楽しめる土壌ができちゃった。

海外のRPGはスワッシュバックラー物である
スワッシュバーックラーとは聞きなれない言葉かもしれませんが、ハリウッド映画のマーケティング上の分類の一つにもされているらしいシナリオジャンルの一つです。海外では戦争物のRPG(Falloutとか)もあるのですが、日本との比較なので中世ヨーロッパ風ファンタジーとしての物語としてこちらを出しました。

参考までに
Swashbucklingについて

「三銃士」なんかが非常に分かりやすいと思うのですが、海外で人気なのはこっちの感じの物語なのです。その歴史の時代感や世界観も含めて楽しむ冒険活劇なので、子供である必要だとか主人公の成長だとかが必ず必要なわけではない。逆に世界背景を綿密に描く必要がある。海外はリアルとか言われるのもココが少しあって、リアルというよりも背景設定に歴史や世界観に矛盾がないことが重要になってくるのでしっかりと描かれる。主人公としては「大人になる仮定」というよりも、「夢や野望、野心をかなえる仮定」が描かれることが多い。つまり、主人公が子供である必要がなく、むしろその世界の社会を描くために、それなりの成人の方が立ち位置的に扱いやすいのです。

こういう物語をハリウッド式に詰めた物語が日本に比べて海外で人気があるというだけの話なのです。個人的な意見だがこのあたりの違いがゲーム要素の発想にも影響している気がする。

作り手として
まぁ、そもそも流行りものが違うんで、こっちの方が優れているんだという話はできないんですが、ゲーム作ってる人間としては「どこに売りたいのか」でこの辺りは考えなきゃいけない。開発費の高騰と娯楽の多様化によるRPG需要が減ってきてるところから、海外をターゲットとして考える場合はスワッシュバックラーのシナリオで考えなきゃならない。ココ本当の意味で感じてる日本の開発者ってどれくらいいるんだろうか?分かってても作ってる上での感覚は日本人なので難しいかもしれない。

「質の高いジュブナイル」として作ることができればどこでも売れる可能性もある。「ハリーポッター」は全世界で人気を出したジュブナイルだ。ジュブナイルとしての軸に納得のいく背景設定を語ることができれば大人も楽しめる。が、そこまで力を入れてしまうとゲーム部分のコストとリスクが保てなくなる場合がゲームだとある気もする。そのあたりも考えないといけないだろうなーとか思う。

そのあたり、日本のRPGで最近問題なのはシナリオがジュブナイルだったのがライトノベル化してきてることだ。ジュブナイルが大人が子供に向けて書くのに対してライトノベルは書き手が自分と同等の人に向けて書くといわれている。ライトノベルになると、色々な部分が「お約束」化されるので同類には楽に読めて面白いコアの部分だけ楽しめていいんだけど、その「お約束」がない人からすると、さらに訳の分からない物になる。だから最近のライトノベル化したシナリオの日本のRPGはまず海外では売れない。このあたりの理論を考えずに、「海外だから」で片づけるクリエイターは死ね。海外で売りたいなら最低でもジュブナイルに戻す必要があると思う。

| 生活 | comments(5) | trackbacks(0) | Dr.Garugari |
スポンサーサイト 2010.10.02 Saturday
| - | - | - | スポンサードリンク |
Comment








なるほど確かに!
mixi的に言うとイイネ!

HD機になって世界観の説得力増したし、スワッシュバックラー物の進歩とのびしろはスゴイね。ペルソナ≒HEROS的なシナリオなら日本人の感性でも世界に受け入れられそうな気もするけど、そもそもシナリオがキッチリ作られてる和製RPGが最近少ない気がする…。えふえふじゅーさん…。

おヒゲ様のラストストーリーに期待するしかないね!
posted by らいちょ | 2010/08/23 11:53 PM |
>ペルソナ≒HEROS的なシナリオ
あー、そう言うのもあるね。リスク高くてアトラス以外危険すぎるけど(汗

>そもそもシナリオがキッチリ作られてる和製RPGが
それも含めてラノベ化だと思ってます。物語もキャラもシルエットだけで造られるので中身がスカスカ。お約束が理解出来る人はそれでもそれなりに満足出来てしまう。

ゼノブレイドは結構惜しかったんだけどねー。キャラ構成は日本なんだけど、ゲーム構成は良い感じに海外RPGのいいところを日本RPGとして取り入れてた。

最近、外人の人が言ってた、「海外は今まで日本のシナリオで我慢してたんだよ」という言葉が耳に残っててこういうエントリを書いてみたよ。
posted by Garugari | 2010/08/25 5:42 PM |

ホテル入ったら、即行でフ ェ ラされてしもたす!!!!
溜め込んでたぶん、すげぇ量の精汁出ちまったYOwwww
しかもフ ェ ラonlyなのに5万ももらえたしな!!
まじボロ儲けすぎて笑いが止まんねっすwwwww
http://z95eqe9.fm.midnightowl.net/
posted by クリスポ | 2010/09/12 3:46 PM |

セレブにイかせてもらえない生殺しプレイされたぁぁぁ!!

ザ一メソって我慢しすぎたら、女 の 潮 吹 きみたいに出るんだな!!
あんなに気持ちいいの初めてだ・・・軽く失神しかけたわ!!

コレ男なら一度は体験しといたほうがいいな(笑)
http://p6ug3qc.sada.pupipo.net/
posted by コキコッキー | 2010/09/19 6:57 AM |

うにゃぁぁぁ!!8万で買ってもらったけど、激しすぎっ!!!!
何回も騎 乗 位で犯されて、ほとんど野獣みたいなセク一スだったよ!!
ザ一メソ出しすぎて最後にはカウパーも出なかったし・・・(苦笑)
http://z45r2g0.noah.topemope.net/
posted by だいすけ | 2010/10/03 12:59 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://garugari.jugem.jp/trackback/555
<< NEW | TOP | OLD>>