日々精進時々堕落

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト 2010.10.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
めんどくさい便利という矛盾 2006.05.03 Wednesday
いや〜、今日は久しぶりにぐっすりと昼寝をすることができました。
午後は丸々寝てた感じです。

その後飯を外に食いにでかけたのですが、
起きてから出かけるまでの短い時間でちょっと思ったことがあるので
書いてみることにします。


さて、何を思ったかというと、
自分は起きてから、出かける前にちょっとネットやメールを
チェックしたいなと思ったのですが、インターネットを見るには
パソコンの電源を入れなければいけませんよね。
そしてうるさい電源ファンの音と共にBIOSが起動し、
メモリ、HDDなど各種ハードウェアの接続確認が行われた後に、
満を持してHDDに保存されたWindowsを読み込み始め
たっぷりとコーヒーの香りを楽しむ程度の時間を待った後で
ようやくWindowsが起動します。
さぁやっとインターネットだ!とばかりにInternet ExplorerなりSleipnirなりのショートカットを
クリックしたのはいいものの、Windowsさんはスタートアップに登録された
プリンタの管理ソフトや大事な情報を守ってくれるウィルスバスターさんを
起動させるのに大忙しです。あわせて私と皆をつなげるメッセンジャー先生も起動します。
さて、俳句の一句でも作れそうな時間がたったところでようやくブラウザ君が
目を覚ましてくれました。さぁこれでページがチェックできるぞと思った矢先声がしました。

「お〜い、でかけるぞ〜」



はい、まぁ上の話は半分フィクションですが、皆さんはもう分かったと思います。
何が言いたいかと言うとですね、
何でインターネットをするのがこんなにめんどくさいのか
ということです。皆さんは思ったことありませんか?

例えばテレビなら電源を入れたらブラウン管が画面を写し次第すぐに見ることができますよね?
電話だってかかってきたら受話器とるだけで繋がりますよね。
なんでインターネットはこんなにめんどくさいのか。

そこにパソコンが汎用計算用コンピュータである所以があるわけで、
それが「パソコン=なんだか難しくてよくわからんもの」の原因だと思います。
要はテレビや電話とか電子レンジとか冷蔵庫とかは『用途がある程度限られる』わけです。
そりゃぁ電子レンジにネコを入れるとか、冷蔵庫で死体を隠すとか
そういう用途に使う人もいるかも知れませんけど、
『モノを暖める』『モノを冷やす』という用途においては
電子レンジや冷蔵庫の用途は変わらないわけです。
電話でヌンチャクできますとか言う人はどうぞ存分に腕を奮ってくださってかまいませんので
精神科を紹介してもらってください。

ちょっと脱線しましたが、パソコンと他の家庭用の電気機器の大きな違いは
『多様性を持つ』という部分にあります。
あれもできてこれもできるというのがパソコンで、
それが汎用なコンピュータであるということです。
しかし用途の多様性は必ず一つの大きな問題を呼びます。
それが『使用法の複雑化』であり、それがさらに『ユーザインターフェイスの悪化』を招き、
『ユーザの不安感を煽る』ことになり、その結果『パソコン=難しい』
の方程式が出来上がるわけです。そりゃぁパソコン使える人にしてみれば
パソコンなんか難しくねーよと思うかも知れませんが、ビデオデッキの配線すらできない
お父様が世間に沢山いるのが現実でそれが『一般ユーザ』というものです。



なんだか既に話の焦点がずれてきた感じですが、いつものことなので無視して進めます。
上みたいなことを考えると、じゃぁインターネット専用の機器があればいいんじゃね?
と思う方がいるかもしれません。自分も思いました。
でもやっぱり現実的に考えると、『一家に一台はパソコンがあるのが当たり前』な社会になってるので
それ専用ってのは商売的に無理がありますよね。
人間っておかしなものです。特に日本人はそうですが、
非効率でめんどくさくても沢山の機能を持ったものの方がが欲しくなるのです。
自分が使えもしない癖に複雑で高いモノを欲しがるのです。
要は見栄っ張りなんですよね。テレホンショッピングが儲かるわけです。

もちろんパソコンが汎用コンピュータだからこそ生まれているモノも沢山あります。
というかほとんどです。
近年大ヒットしたiPodなんかはパソコンがあるからこそCDから簡単にあんな
小さな機械に音楽が取り込めて、安く販売できるわけです。
パソコンがなければ、CDを読み込んでiPodに転送する装置、インターネットに繋いで
音楽を買うための装置など様々な装置を一緒に販売しなければなりません。
まぁこのあたりのソフトウェアの概念はノイマン型コンピュータ云々の話だったりもするのですが・・・。

なので、その便利さゆえに「しょうがないなぁ」と思いながらも
今日も電源ボタンを押しながら思うのです。
『パソコンってめんどくさい事を楽にするためにあるのにめんどくさいなぁ』と。
| 考察 | comments(3) | - | Dr.Garugari |
スポンサーサイト 2010.10.02 Saturday
| - | - | - | スポンサードリンク |
Comment








深い…
posted by nita | 2006/05/04 1:43 AM |
そんなあなたにCoreDuo対応FunレスPC!…とか作ってみたら<と無責任。

確かにメンドイよね。
自分はノートPCをサスペンド状態にしてすぐ立ち上げられるようにしてますよ。。。大学の。
posted by YAG | 2006/05/06 2:56 PM |
>CoreDuo対応FunレスPC
さすがにそれはちょっと・・・w
常時起動は電力的になんか申し訳なくて。

>サスペンド状態
あ〜、その手もあるのか・・・。
でもやっぱある程度の電源食うんだよね。
休止状態は結構使います
posted by Garugari | 2006/05/06 5:19 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>